ニキビに良い食事と悪い食事

ニキビの改善には食事の内容もとても大切です。
ニキビの原因の大きなものとして、皮脂の過剰分泌があります。
過剰に皮脂が分泌されるということは、、大人ニキビの場合ですと食事が影響することが多くあります。
ですから、脂分の多い食事は当然ニキビにも影響すると言えるでしょう。
外食の多い人や脂っこい食事が好きな人は、脂分を控えるような食事にしたり、暴飲暴食にならないように心がけましょう。

 

私の周りにも、焼肉を食べたりケーキを食べた次の日にはニキビができてしまうという人がいます。
ナッツ類は体に良い反面、やはり油分を多く含むため、ニキビが気になる人には注意が必要です。
甘いものは糖分や脂肪分が含まれていますし、お酒にも糖分が含まれていますので、いずれも皮脂の代謝を促します。
また、香辛料の強い食事は内臓に負担をかけたり胃が荒れてしまう原因になりニキビを悪化させる恐れがあるようです。

 

ニキビに良い食事は、美しいお肌にとっても必要な栄養素となります。
ビタミンB群は納豆やバナナやあさりなど、ビタミンCはレモンなどの柑橘類やレタスなど、ビタミンAはレバーやにんじんやほうれん草など色々な食材がありますので、これらを積極的に摂りましょう。

 

他にも、ビタミンEや亜鉛、コラーゲンなどバランスのとれた食事がニキビにも健康にもとても重要です。
私自身も仕事の関係で食生活が乱れてしまった時期は、顔中にニキビができてしまいました。
自宅できちんとバランスのとれた食事をするようになったらニキビも改善されましたので、食事はとても大切だと言えます。

 

また、便秘をしてしまうことで体内の毒素がきちんと排出されないということがあります。
便秘にならないように、食物繊維、乳酸菌の含まれたものを摂取するよう心がけましょう。
軽い運動やストレッチなどで、胃腸を活発に動かすことも効果的です。
体を動かすことでストレスの軽減にもつながると思いますので、健康とニキビ改善のために行ってみてはいかがでしょうか。