ニキビと生活習慣

大人ニキビには、生活習慣が大きく関わってきます。
大人ニキビの原因には、皮脂の過剰分泌に加えホルモンバランスやストレスなど様々な要因が考えられます。

 

皮脂の分泌が増える原因としては、まず食べ物の影響があります。
脂っこい食事や糖分の摂り過ぎなどに注意する必要があります。
外食が増えるとどうしても油脂を多く使った料理が多くなりますから、バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

また、以外と多いのが皮脂の落としすぎによって過剰に皮脂が分泌されてしまうパターンです。
美容の仕事をしていた際に、日中Tゾーンがテカってしまって脂っぽくなるので乳液をつけないというお客様がいました。
しかし、お肌をチェックするときちんと保湿をしていなかったため、実はお肌の内側が乾燥していて、お肌を守るために過剰に皮脂が分泌されているという結果なのでした。
当然、お肌も不安定になりがちでしたのでニキビもたびたび出てしまっていました。

 

このように、脂っぽくて気になるので保湿をしなかったり、洗浄力の強い洗顔料を使用したりすると余計に乾燥してしまうこともあるので注意しましょう。
ニキビがあっても外出時はメイクせざるを得ないという人も多いと思います。
ニキビにとっても、メイクは負担になりますので帰宅後は早めにメイクを落としましょう。
お肌の生まれかわりが活発になる夜10時から2時の間には、洗顔が完了していることが理想です。

 

ストレスも大きな影響を与えます。
日常でイライラを感じる人も多いと思いますが、自律神経に影響を及ぼし副腎皮質刺激ホルモンを活発にするため皮脂分泌を促すそうです。
ストレスの軽減は、ニキビだけでなく体調や精神的な面でもとても重要なことです。
ニキビができると気になってしまい、余計にストレスを感じてしまうかもしれません。

 

しっかりと睡眠を摂ることも美容にはとても大切なことです。
新陳代謝を正常化し活発にすることで、お肌の生まれかわりも促されます。
規則正しい生活をすることが、お肌も体調も精神面も安定しストレスの軽減につながるのではないかと思います。